昔から軍事の天才こそ、投資や商売の天才だ!

『昔から軍事の天才こそ、投資や商売の天才だ!』
・織田信長は鉄砲を大量に作り市場を解放し古い大勢力を駆逐した
・豊臣秀吉は一夜城という現代の最速や金山保有という現代でも十年前には思っていなかった、最新IT金融力こそ最強だと体現した
・大村益次郎は最新武器で少数で大軍に勝ち続けた

現代はインターネットの普及で、個人の自営業が大企業に勝つ時代になった。サヨクは奇麗事で「別に勝ち負けの問題じゃないでしょ。仲良く共存すれば良いでしょ」という。またインターネットは軍が作った。ミリタリーグッズを批判するサヨクはネットも止めた方が良い。

しかし個人や自営業やサラリーマンを食い物にしてきたのは大企業だ。マスコミは情報弱者な高齢者などを狙い、ネットなら安値な物を高値で今も売りつけている。しまいには広告費を取りながら未掲載だ。

自営業者は自分の顔や名前や自腹で商売をしている。大企業は問題が起きたら責任者は逃げ出すだけだ。これは江戸時代の幕末の長州征伐で負けそうになったら戦死するのが嫌なので、当主の身分を数歳の子供に押し付けて逃げた旗本の馬鹿殿に似ている。

自営業者は豊臣秀吉のように貧乏人からは成り上がる。現在の多くの社長というのは大した学歴ではないのだ。まずは早くやれ。そして一番になろうとしろ。一番になろうとして、やっと儲けられる。二番狙いじゃ儲けられない。

投資も商売も軍事もギャンブルも他のサラリーマン仕事も、敵の財産を奪い合うゼロサムゲームだ。サラリーマン仕事はゼロサムではない!と言い張るのがいるが、社内の勢力争いで負ければ閑職に追いやられるだろ。

学校の学力試験も下位がいるから1位が評価される。現代は若いうちは、いくらがんばっても高齢者だけが金を持っているから儲からない。ともかく勝ち残るしかないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です