米軍の護身術を学べば他の護身術よりは安全

軍隊は他の武道だけの護身術と違い、通り魔などがもっているナイフなども想定します。軍隊は他の武道だけの護身術と違い、研究機関で科学的に護身術を研究しています。

また犯罪は日本人より外国人の方が圧倒的に多いです。日本の反戦の平和ボケしたマスコミの情報は役に立ちません。実戦を多くしているのは、米軍です。武器を一番知っているのは米国です。米軍は世界最強なのです。

平和ボケしたマスコミこそ大東亜戦争のプロペラ飛行機レベルの防犯対策しか考えていません。近年は1世代前だと無意味なレーダーに映らないステルス戦闘機の時代です。スーパーコンピューターも2位じゃ、パチンコが支援している核実験をし北朝鮮は放射能をばら撒いています。

そういうと「日本は竹やりで米軍と戦おうとしたじゃないか!」と言い張りますが、昭和30年代と違い戦時中の犯罪率は低いです。竹やりと治安維持法が国内の治安を安定させていたのです。特高は戦後に進駐軍の強姦事件を捜査しましたが、解散させられました。なぜ反米派は、ここと憲法だけは反米では無いのでしょうか?

マスコミに出ている防犯の専門家は女性が初見の男性に連絡先を教えるのには、自宅の固定電話が良いと言いメールは危険と言います。しかし無料メールは個人情報をサーバーに登録しなくても良く匿名状態で、自宅の固定電話は個人情報だらけです。

辺野古沖 国の訴え認める「翁長知事の対応は違法」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160916/k10010688941000.html
>福岡高等裁判所「普天間基地の騒音被害を取り除くには埋め立てを
>行い移設するしかなく、移設により県全体の基地負担が軽減される
反基地派は辺野古住民の賛成の多さと反基地一坪地主を無視

戦前の普天間の地主の数が数千人に対し今は4万人もいて、この時点で増えすぎで不自然です。反基地派は大半の人が少ない賃料しかもらっていないと言い張りますが、普天間基地の面積を地主数で割ると平均して一坪しか持っていないという不自然さです。

これは反基地派が工作しているのでしょう。また普天間基地はサトウキビ畑で、人が多く住んでいませんでした。今の健康志向の時代はノンシュガーなのでサトウキビ農家なんかやってたら生活できるでしょうか?福島も沖縄も農業の売り上げなど少なく、原発や基地があってこその経済です。

基地をめぐる「誤解」:専用施設が74%
http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-245387.html
兵数や面積が負担→兵数が多ければ消費増。本土の方が軍備が大きく、たまのヘリの他に常にパチンコ等の騒音も多い。
沖縄戦は日本唯一の地上戦→北方領土侵略は?
沖縄戦は酷い→東京大空襲や原爆投下は?

反基地マスコミが米兵が不祥事を起こしていると言いますが、沖縄県民やマスコミよりも犯罪率は低いです。基地内犯罪を公表していないとも言いますが、自国に多く犯罪をしますか?また在日米軍が禁酒をしたので、困った店が増えましたね。米国文化があるから観光が多いのです。

ビリーズブートキャンプダイエット
https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/0611240262/

米軍の新人向け基礎訓練であるブートキャンプのダイエット効果は、評判が高かったですね。グルメな日本人やフランス人は嫌いますが、サプリなどで必要な栄養だけを摂るというのも科学的かもしれません。

また米国のダイエットは禁煙を勧めます。しかしこれに対しブーブーと文句を言う喫煙擁護者がいます。また禁煙をすると太ると言い張りますが、それは一時期であり長期間禁煙が出来ると、喫煙で苦くなるので砂糖で甘い飲料を飲んで誤魔化していたのを、飲まなくなるので太りません。


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です